主婦向け求人の探し方

主婦向け求人の探し方

仕事をしたい理由は子どもの教育費や貯金、旅行の資金などさまざまです。仕事をやる気はあっても、闇雲に求人を探していては主婦に合う求人は見つかりません。主婦が求人を探すときのポイントはどういった点でしょう。

勤務条件の優先順位を明確にします。通勤時間は自宅から何分まで許容範囲か、勤務時間や日数の希望、家庭の都合や緊急時の休みの融通が利くかなど、本人と家庭の状況によって異なります。交通費の自己負担やお昼代など、余計な出費が増えないかも考慮しましょう。譲れない条件を無理に譲歩すると、就業しても早期退職してしまう可能性もあります

パソコン求人情報は媒体によって扱う内容が違います。求人誌や求人サイトは条件別に検索が可能です。特にインターネットは細かく条件を指定でき、主婦向けに特化したページもあります。新聞の折り込みチラシは地域に根差した求人が多い傾向です。ハローワークでは自治体によって、主婦向けの就職相談を行う窓口もあります。

求人情報に「主婦活躍中」「扶養内ok」など、主婦が欲しい企業かどうかもポイントです。採用される確立や家庭と両立して働ける可能性が高くなります。例えば家事代行やベビーシッターなどは家事や育児経験のある主婦が求められます。

働いている年齢層や男女比によっても職場の雰囲気は異なります。面接時に実際の職場や働いている人を見て、焦らず判断しましょう。

 

主婦におすすめの求人

主婦が求人を探す時は「育児や家事と両立したい」「旦那の扶養範囲内で働きたい」など、ライフワークバランスが重要です。仕事をしていると、家庭の用事で休みがとりにくい場面もあります。家庭と両立しながら、ブランクがあっても働ける主婦におすすめの求人とは、具体的にどんな内容でしょう。

家事代行のアルバイトはまさに主婦が求められる仕事です。主婦として身につけた家事スキルを活かして、人に感謝されるプロの仕事です。就業前の研修やフォロー体制も整っている会社が多いので「家事が苦手、好きじゃない」という人も「仕事」として行うことが可能です。他人の家に入るので、マナー研修がある会社では正しいマナーも身に付けられます

勤務形態も柔軟です。週1日から、1日2時間からなどの勤務や、自宅近くの勤務地を選べるなど、家庭と仕事を両立させやすい勤務形態が多いです。年齢層もミドルやシニアなど幅広く活躍しています。

掃除用具家事代行業はハウスクリーニングとは違います。ハウスクリーニングは掃除に特化した専門スタッフが業務用の機器や洗剤を用いて掃除をします。家事代行は掃除は各家庭にある一般的な洗剤や掃除用具で行い、希望に合わせて料理やさまざまな家事のサポートをします

さまざまな働き方がある現在、ブランクがあると悩むのではなく、主婦として培った主婦ならではのスキルを活かしてみましょう。

主婦向けの求人とは

主婦向けの求人とは

1980年に約600万世帯だった共働き世帯は増え続け、2016年には1126万世帯になりました。しかし主婦が実際に探してみるとさまざまな壁に突き当たります。求人はたくさんあっても自分にできる事や希望に合う求人が見つからない、長年専業主婦だったためブランクがあり採用されにくいなどの悩みもでてくるでしょう。主婦に向いている求人にはどんな内容があるのでしょう。

譲れない条件と譲れる条件といった、優先順位を明確にさせましょう。自分に合った求人を見つけやすくなり、就業後も条件違いによる退職のリスクが減らせます。勤務時間や勤務日数、通勤時間や土日出勤の有無など、家庭や状況に優先順位は異なります。

求人情報は新聞の折り込みチラシは地元の求人が多く、インターネットは条件を指定しやすいなど媒体によって特徴が異なります。主婦向けに特化した求人サイトもあり、厚生労働省が管轄するハローワークでは主婦向けの就業相談を行っています。求人情報に主婦を歓迎する言葉が載っている企業は、採用の可能性が高くなるでしょう。

研修主婦のスキルを活かせる求人に家事代行があります。家事のプロとして、他人の家の生活スタイルや要望に合わせて家事をサポートします。業務内容は料理や掃除など多岐にわたります。事前研修でマナーやプロとしての家事スキルを身につけることが可能です。勤務日数や勤務地の希望など勤務体系が柔軟で、幅広い年代が活躍している特徴があります。

主婦にとって家庭と仕事のライフワークバランスは重要です。このサイトでは、主婦向けの求人の探し方から、具体的なおすすめの求人内容まで紹介します。